作業療法室

作業療法はリハビリテーションのひとつです。
たとえば、「生活にリズムをつけたい」「落ち着いた時間をもちたい」「楽しみを見つけたい」「人とうまく関われるようになりたい」「体力をつけたい」などより良い生活が送れるようにお手伝いします。

作業療法のご利用について

主治医の処方が必要になりますので主治医にご相談下さい。すすめられる場合もあります。
費用については、各種医療保険が適用されます。詳しくは 事務部(代表電話番号)までお問い合わせください。

 

作業療法プログラム

作業療法では様々な作業活動を利用しますが、どのようなプログラムがあるかご紹介します。

入院患者さんのプログラム

(月・火・水・金は午前・午後、木・土は午前のみ)
・いきいきレク:歌や簡単な体操、ゲームを集団で行います。
・手工芸:手芸やペーパークラフトなどの工作、塗り絵、ペン習字などを行います。
・スポーツ:卓球や体操、ゲートボールを行います。
・健康体操:老若男女問わず行えるような体操を行います。
・グループ活動A:退院をめざし、グループホームの説明や作業所見学、生活指導等
         を行います。
・グループ活動B:健康体操より難易度の高い運動やストレッチを少人数で行います。
・レク活動:外出やカラオケ、映画鑑賞などを行います。
・季節の会:お誕生会や季節にちなんだお菓子作りなどを行います。
・喫茶:患者さまにウェイター・ウェイトレスなど担っていただき行います。
・芸術活動:臨床美術士(外部講師)に来ていただき様々な作品を作ります。
・行事:通常のプログラムの他にDCと合同で納涼祭や文化祭を行います。

外来患者さんのプログラム(準備中)

・のほほんクラブ(のんびりほのぼのほんわかくらぶ):
女性だけの少人数のクラブです。抑うつ気分の改善、リラックス、コミュニケーションの訓練、引きこもりの防止などを目的に、アロマセラピー(手浴、足浴、マッサージ、アロマを使ったクラフト)、ストレッチ等の簡単な体操、のんびりおしゃべり、ハーブを使ったお菓子作り・試食・・・など行っています。